ホーム機能性食品原料植物性ナノ型乳酸菌SNKサイトカイン産生能と粒子径

IHM原料 サイトカイン産生能と粒子径 ※旧表記 IFL30

IHM原料 サイトカイン産生能と粒子径

Th1細胞を誘導するサイトカインとして、IL-12やIFN-αといったサイトカインが挙げられます。この産生能について一般的な乳酸菌と比較してみると、すんき漬け由来乳酸菌(SNK)はIL-12、IFN-αのどちらもバランス良く産生することがわかっています。


免疫バランス IL-12産生能とIFN-α産生能

学術文献
「長寿免疫と乳酸菌:Th1細胞を誘導するナノ型乳酸菌の働き」
長谷川秀夫(薬学博士)、菅辰彦(農学博士)
より抜粋

※図中SNKはナノ型加工する前のすんき漬け由来乳酸菌

また、乳酸菌は菌体の大きさによって生体への働き方が異なります。 1ミクロン未満の菌体はTh1を誘導させるサイトカイン:IL-12やIFN-αの産生を増加させる働きが高まります。

すんき漬け由来乳酸菌の粒子径は1.51ミクロンと非常に小さいのですが、さらに1ミクロン未満に微細化することで、独自の特徴を発揮させました。


乳酸菌体の大きさと活性 IHM原料 植物性ナノ型乳酸菌SNK