ホーム機能性食品原料プラズマローゲン継続利用による予防効果

継続利用による予防効果

 マウスにプラズマローゲンを3ヵ月間摂取させた後に7日間LPS(炎症剤)を投与。

プラズマローゲン非投与群との炎症の惹起具合を比較し、予防効果の確認を行いました。

脳内炎症抑制効果の確認

①ミクログリアの分布

プラズマローゲンを継続摂取していたマウスではグリア細胞の活性化が抑制されました。

前頭葉
海馬

②炎症性サイトカインの発現

炎症性サイトカインの発現

プラズマローゲンの継続摂取はLPS誘導性の脳内炎症の抑制に対して予防的に働くことが確認できました。

アミロイドβの蓄積抑制

プラズマローゲンの継続摂取はアミロイドβの蓄積に対して予防的に働くことを確認しました。

アミロイドβの蓄積抑制 学習記憶行動の評価

水迷路試験の結果、プラズマローゲンの継続摂取は学習記憶行動の低下抑制に対しても予防的に働くことが確認できました。

学習記憶行動の低下抑制

以上の内容は、2018年4月に国際ジャーナル誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載されました。

ページのトップへ戻る