ホームワンポイント健康法花粉症について

[ワンポイント健康法]気軽にとりくめる旬な健康情報! 特集:花粉症について

花粉症コラム

今年の花粉の飛散量は昨年より多く、期間も長いことがいわれており、花粉症でお悩みの方も多いと思います。花粉症対策の定番はマスクやメガネ、これらは花粉と接触しないためのグッズです。しかし、花粉の少ない都会ほど花粉症がひどいといわれており、必ずしも花粉ばかりが悪者ではないようです。東洋医学では、花粉症の原因は、花粉に過敏反応する《私の体》にあるとしています。杉の花粉との接触を仮にゼロにできても、《私の体》は他のものを抗原として選び、同様の反応を起こすでしょう。花粉症でライフスタイルをかえる努力をする人は少ないですが、食生活の改善で《私の体》を少しでもかえることが必要です。

花粉症は生活リズムの乱れが関係

春が来て暖かくなると、体が緩みます。東洋医学ではこの体が緩む季節を「解毒の季節」、つまり毒出しの季節と呼んでいます。この毒の処理が上手くいかないと、気管や粘膜を通して毒素が排泄され、それが鼻水、くしゃみ、かゆみとなるわけです。その毒出しの運行に欠かせないのが自律神経の安定です。生活のリズムが乱れがちな夜勤業務や夜の飲食業の人に花粉症が多いのは、自律神経が乱れているからです。花粉の飛ぶ中で修行する比叡山のお坊さんに花粉症がいないことがいわれていますが、規則正しい生活や食事で、自律神経が安定していることが関係していると考えられます。冷えが花粉症によくないといわれるのも、冷えると自律神経が乱れやすくなるからです。

《私の体》をかえる試みをしよう

現代社会でいきなりお坊さんの修行の様な規則正しい生活は不可能です。 しかし、『早寝・早起き』『1日1回は汗をかく』『腹八分』『乾布摩擦』『朝日を10分浴びる』など、1つでも励行していくことで、自律神経が整って、花粉症になりにくい《私の体》となって行きます。『入浴はゆっくりする』『体を温める飲食をする』などで、体を温めることも大切です。

サプリメントを上手に利用する

薬は症状を抑えるだけですが、《私の体》に備わったバランスをとる働きを高めるために、サプリメントを上手に利用しましょう。甜茶、シソ、樹皮、果皮などのポリフェノールや乳酸菌が花粉症に一般的にすすめられています。また、身体を温める働きのあるサプリメントは自然治癒力を高め、自律神経の安定にも良いでしょう。ただ、それらのサプリメントは飲み続けることで《私の体》のよい変化を与えるものなので、本格的に花粉症が出る1ヶ月前くらいから飲むのがより効果的といわれています。

用語解説

ポリフェノール

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、約5000種類以上もあると言われています。ポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、老化の原因と言われる活性酸素を除去する働きがあります。有名なポリフェノールと言えば、お茶のカテキンや大豆イソフラボン、赤色色素のアントシアニンなどがあります。

ページのトップへ戻る