ホームワンポイント健康法「楽観的思考」の効果

[ワンポイント健康法]気軽にとりくめる旬な健康情報!「楽観的思考」の効果

《楽観的な考え》で病が遠ざかる

「楽観的思考」の効果

  • 長生き
  • 免疫機能が高まる
  • ガンになりにくい
  • 心の健康を保ちやすい
  • 人生で成功しやすい

自分を責めると心の病になる

うつ病は自分を責めることで起こります。厳しい環境に出会っても「何か意味がある」「自分だけが悪くない」「自分はよくやっている」と楽観的に考え、自分を責めないようにしましょう。

point 病院の検査で悲観的にならない

検査は身体の悪い部分だけに焦点を当てる、いわゆる「アラ探し」。検査の結果だけで悲観的にならないこと。体の元気な部分をさらに健康にして行く前向きな考え方が重要です。

楽観的思考が心の病を減らす

「楽観VS悲観」・思考の差を探る

悲観的な人は悪いことを大きく長く考えます。
楽観的な人は悪いことを小さく短く考えます。
楽観論がいつでも良いわけではありませんが、心身の健康には悲観的過ぎないことが肝要です。

〔悲観的〕→〔楽観的〕 私はもう駄目→私は疲れているだけ 今日は運がある→いつも運がある 上司はイヤな奴だ→上司は虫の居所が悪い 癌の可能性10%→癌でない可能性90% 完璧でなければ失敗→ベストを尽くせばいい 私は努力家→私は才能がある

楽観的な言葉を繰り返そう

体や心がつらい時、楽観的で元気の出る言葉を繰り返して言ってみましょう。
心が落ち着き、楽になります。

【元気の出る言葉】痛い・つらい時に「大丈夫」「今だけ、今だけ」「春は来る」 病気・事故「これぐらいで済んでよかった」「気にしない、気にしない」「ドンマイ、ドンマイ」「急がない・焦らない」

心の落ち込みは体のシグナルかも

元気が出ないと「うつ病」と断定し、悲観的になり、余計に気持を落ち込ませる人が多いようです。元気の出ないのは身体の不調や感染など「心」が関係していないこともあります。
気持が沈む場合、焦らず身体を休ませ、楽観的な思いで心のパワーアップを焦らず待つことです。

胃腸を温め自律神経の安定が鍵

胃腸が冷えたり、自律神経が乱れると、イライラして悲観的になりがちです。胃腸を温かく、規律とリズムのある生活で自律神経を整えることが楽観思考の助けになります。

ページのトップへ戻る