ホームワンポイント健康法体内時計について

[ワンポイント健康法]気軽にとりくめる旬な健康情報!体内時計について、体内時計・リズムを考える、体内時計を考えた生活、体内時計体内リズムをいかす生活。

体内時計・リズムを考える

イラスト

体は既設・時間で変化する

体には体内時計があり、時間に適応するよう働いています。健康維持には年齢、季節、また時間に合わせた生活が必要です。

イラスト

朝日と夕日の違い

朝日と夕日では違った効用があるようです。朝日は体内時計をリセット、意欲を高め、夕日は感情をリセットする働きがあるようです。体内時計の調節には窓越しでもよいので、朝日を浴びる事が重要です。

こんな症状に時間が関係

  • 血糖値
  • 高血圧
  • 突然死
  • 便秘
  • 血液
  • メタボリック

体内時計を考えた生活

イラスト

時間の「はじまり」が危ない

突然死が多いのは「始まり」です。月の始まり、月曜日、そして1日の始まりである朝です。アクセル全開ではなく、時間にゆとりを持った生活、焦らない心の余裕が必要です。冬は特に血液の粘度が上がるので要注意。

イラスト

血糖値は朝より夜に注意

食後の血糖値は朝と比べ、夕方(夜)は下がりにくくなります。ブドウ糖の代謝は昼型になっているようです。糖尿病の一因は体内時計を無視し、夕方にまとめて食べる食習慣にありそうです。

イラスト

日中より夜間の高血圧にリスクあり

最近「早朝高血圧」が注目されていますが、脳梗塞のリスクが上がるのは、夜間の持続的な高血圧です。血圧は昼間高く、夜は下がる様になっています。逆の人は体内リズムを取り戻す食生活の思い切った改善が必要です。

「メタボ」は過食だけでなく、不規則が原因

日中と夜間勤務を繰り返すシフトワーカーの人はメタボリック症候群になる確率が高いようです。メタボリック症候群は単なる食べすぎではなく、代謝異常が原因です。代謝と体内リズムが関係していると推察されます。

目と血液は10時の早寝を好む

人間の新陳代謝は夜中がメインですが目と血液は夜の早い時間がピーク。目の衰えが心配な人や血液系の病気の人は夜の10時には就寝することがよいでしょう。

イラスト

体内時計体内リズムをいかす生活

朝がポイント

●「朝食+朝の排便」が重要
●窓を開け、朝の「気」を浴びる
●生活を夜型から朝型に移す努力をする
●時間に余裕、ゆとりを持つ
●日中は活動と食事、夜は休息が中心
●血圧や血糖値は体内リズムが関与する

ページのトップへ戻る